FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.31 座談会♪
今日はいつもお勉強会に参加している奥様方と一緒にお茶会のような感じで集まりましたプー
ひぃくんは保育で預かって頂いておりましたにかー!

今日は私を含めて7名が集まって子育てについての疑問や悩みを話し合いましたニコうさぎ

今日の話題は男の子のお子様をもつママばかりだったという事もあり、
男の子についての話題が多かったですkao03

「ゴミ箱を水浸しにされる」だとか「男らしく育てるには?」など
子育てでの話が尽きることはありませんkao02

今日のアドバイスとしては
「ゴミ箱を水浸しにする」「ヒーローもののテレビのマネをして格闘する」などの大人ではなかなか理解できない遊びをする事については

①子どもはマネをしたがるので、変わった遊びをしていても何かのマネをしている場合があるそうですあんぐり
良い事、悪い事はわからずにマネをしてしまうので
悪いことや危ないことについては理解できるまで何度でも
どうしてしたらいけなのかちゃんと子どもの目線に降りてお話してあげること星

話しても理解できないひぃくんぐらいの年齢の子どもにも
「言ってもわからないし・・」だとか「そのうちわかるようになる」と勝手に考えないクロネコ

きちんと話をしたのにまたすぐに同じことをされてカチンときても
子どもの理解力は大人とは違うので
解るまで何度でも同じことをお話してあげるという事が重要ですガマ王子

男の子と女の子では興味の幅が違うと言いますトラネコ
男の子を育てるのは女の子を育てる時の3倍力がいると聞くことがありますが
それは男の子と女の子の「器の大きさ」の違いだと聞きましたキティちゃん

大きな器の男の子は物事に対する興味も女の子以上で
良いこと悪いこと関係なくさまざまなことに興味を持つそうですbear

そこを頭ごなしに何でもダメと言ってしまうと
大きな器がどんどん小さくなっていって
器の小さい男の子になるんだとか・・・ぴよぴよ

ひと昔前なら野山をかけ回ってのびのび遊んでいた子どもばかりだったのが
今はあれもこれも危ないからと家の中でゲームで遊ぶ子どもが増えていて
運動能力の低下や腰を悪くしてしまうお子様が増えているそうですsn

ダメダメ言われて育ってしまった子どもが大きくなると
自分では何も考えれなくなってしまったり
創造力に欠けてしまったり何か影響が出てしまってもおかしくはありませんあはん

子どもの可能性を生かすも殺すも育て方次第なので
どのように育てる事が子どもにとって良いのか
考えながら子育てをしなくちゃと思いましたんー


②「男の子らしく」についてなのですが
男として生きていく上でナヨナヨした感じにはなって頂きたくはないなぁとkeityも思いますが
小さい頃の男の子は女の子よりもよく泣いたり、ママに甘えたりと
あまり「男らしくはない」状態が多い事を聞きました・ω・

女の子は早いうちから自立心が身に付くのに対して
男の子は高校生ぐらいまではそこまでないそうですアンパンマン

男の子がそのようにあるのは
もともと心が優しくて繊細でデリケートだからだそうですにゃん

なのでよく泣いたり甘えたりすることに対して
「もっと男らしくしなさい!」という事を言うのは良くないそうですヴぁー

男らしく育てるには
家庭の中で夫を一番にしておく事が一番効果的だと聞きましたkao01

素晴らしい父親の存在を子どもが感じる事で
男としてのあり方を自然と学んでいくそうですぱんだ

本当に効果的なのかどうか
我が家でも実践中なので
良い結果になればと思っています羅琉 喜

それと我が家での子育てについてのママの悩みなのですが、
パパはお義母様からバシバシ叩かれたりとても厳しく育てられたそうで、
そのおかげなのでしょうか・・とってもたくましく何があっても強いタイプなのですが
ひぃくんも男の子ならバシバシ厳しく育てなくちゃいけないというパパなのですコリラックマ

でもママはそのような事をしたらひぃくんがグレてしまうのではないかと不安なのです絵文字名を入力してください
パパを恨んだり愛情不足にならないかと心配になるのですが・・・?ぱんだ

この事についてのアドバイスは
パパがそのように育てると言っているならママはそれに合わせる事キティちゃん
ただし、パパと一緒になってママも手をあげたりは絶対にしないことびっくり
パパが叱っている間はママは何も言わず
その後子どもが泣きついてきてもいいように
ママが逃げる場所となることチューリップ

でもそこでパパが叱ったことを否定するようなことを絶対に言わないことびっくり
パパがどれだけ子どものためを想って叱ってくれていたのかを
お話してあげる事がとてもとても重要なのですにょんた

こうしていれば子どもがパパを恨んだりグレてしまうことはないそうですニコニコ。 横向き

少々厳しく育ててもそういったフォローをきちんとしていけば
たくましく育っていくそうなのです芽

もちろん意味もなく手をあげるのはフォローをしたとしても
良くないです???

あれもこれも叱ってばかりも子どもが怖がって何も出来なくなってしまいますくまさん@こわっ

大体のことは叱らなくても言い聞かせることで理解させたり
命に関わる事でなければ遊ばせてあげて
叱らなければならないところでは
少々厳しくなってもしっかりと叱るように
叱るポイントに一貫性を持つことが大切ですミニー

花叱るポイント花

①他人の迷惑になるようなことをしたとき

②目上の方をバカにしたとき
(もちろん目上の方ではなくても人をバカにする事はいけません焦る3

③命に関わる危ない事をしたとき


全て子どものためにならないことですくまさん@いやん
子どものためにもしっかりと叱る事も大切なのですカピバラさん
叱る時はなぜダメなのかしっかりとお話してあげなくちゃですラブぱんだ

叱るポイントをしっかりおさえてそれ以外では叱らないようにしましょうあはは
これ以外のことは親のエゴで叱ることがほとんどなので
そうなると叱るではなく「怒る」になってしまいますkao05
散らかして汚したりして怒ったり
おむつがなかなか取れないことを怒ったりするのは
子どものためではなく親の勝手な考えで怒る事になるので
そんなことで怒るのはダメなのですタラ~
それと叱るだけでなく褒めることもとても大切ですわほー

子どもは褒められる事で脳が活性化すると
テレビで脳科学の方がおっしゃっていたのを見ました顔文字

褒められる事は脳にとても良い と科学的に証明されているのですアンパンまん

プラスの言葉を言ってあげることでその子どものプラスの部分ががどんどん引き出されていくのに対し、マイナスの言葉を言っているとマイナスの部分が引き出されしまい逆効果となります風

なのでたくさんプラスの言葉を話してあげましょうポッ

今月の9日にお勉強会があって
テーマが「褒め方・叱り方」でした一応ドナルド

今日の座談会の内容と重複することもあったので
お勉強会の内容も混ぜながらの内容になりましたが
まだ書ききれていない部分もあるので
追々書く予定ですスヌーピー

このようなお勉強をしていると
「子育てをがんばらなくちゃ」と
意欲が湧いてくるママでした羅琉 ニヤリ

座談会のあとはひぃくんをお迎えに行きましたピカチュウ

今日はひぃくんをお世話していて下さった方から
ひぃくんの様子を聞く事が出来ましたkao

ママと離れて最初泣いていたひぃくんは
おもちゃがたくさんあるのに気づき少しの間ウロウロと見て回ったそうなのですが
何かで遊ぶことはしなかったそうです黄色い鳥

お世話して下さった方がおもちゃを差し出しても
手に取ることはしなかったそうなのですdog

それで
「ひぃくんはとっても慎重なタイプかしら?」
と言われましたウサギ

でも・・・
お家では全く逆で何でも手に取って遊ぼうとするので
ひぃくんの意外な行動にママはびっくりでしたえ~

ママとひぃくんだけではわからない発見が
お外に出るとあるんだなぁと思った1日でしたキラキラ
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://muuisablackdog.blog96.fc2.com/tb.php/115-04d4b540
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。